【ほぼアウトドアムービー】『アンストッパブル』【レビュー】

映画、ドラマ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、猫田です。

デンゼル・ワシントン、クリス・パイン主演の列車暴走映画『アンストッパブル』。

無理やりアウトドア目線でのレビューです。

ネタバレなし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『アンストッパブル』あらすじ

アメリカペンシルヴァニア州の列車操車場で、作業員のミスにより有毒物質を積んだ39両編成の貨物列車「777号」が無人のまま走り出し、暴走を始めてしまう。

その頃、同じ路線を走っていたベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と配属されたばかりの新人車掌ウィル(クリス・パイン)にも777号暴走の知らせが届く。

指令本部による列車停止作戦はことごとく失敗し、死傷者も出てしまう。

当初、ぶつかり合い険悪な関係だったフランクとウィルの2人だったが、暴走を止めるため力を合わせ、危険をかえりみず777号に向かう。

 

2001年、オハイオ州で実際に起きた事故をモデルとしている。

トニー・スコットの最後の監督作品。

2010年アメリカ映画。

2011年日本公開。

キャスト、スタッフ

監督

トニー・スコット

キャスト

デンゼル・ワシントン

クリス・パイン

ロザリオ・ドーソン

感想

デンゼル・ワシントンとクリス・パインのかけ合いが面白い。

良し悪しは別にして、タフであること、勇敢であること、命をかけて最後まで戦うこと、といった「アメリカの男はこうであれ」みたいな主役2人です(監督はイギリス出身)。

 

しかし、アメリカの貨物列車はめちゃくちゃ長い!

暴走した777号は39両編成で全長約800メートルだそうです。

広い国だし、大きいことは良いことだマンがたくさんいるのでしょう。

運ばないといけないモノもいっぱいあるでしょうしね。

 

この作品から得た教訓は

ミスには気をつけよう!

ということ。

事故のきっかけは、「自動停止装置が外れていた」、「ブレーキはかけていたが、フルスロットルのままだった」、「そのまま運転室を離れてしまった」という3つが重なったから。

どれか1つでも回避できていたら、事故は起きなかったかも知れません。

 

どこが、ほぼアウトドアムービーなのかというと、広い国土に長い列車が走っている光景を見ていると、旅に出たい心がうずくからです。

列車の旅というのも良いモノです。

■劇中でクリス・パイン演じるウィルが怪我をするシーンがあるのですが、スチールトゥのブーツを履いていたらよかったのに!と思いました。

以上、「【ほぼアウトドアムービー】『アンストッパブル』【レビュー】」でした。

 

Huluで『アンストッパブル』をみる

U-NEXTで『アンストッパブル』をみる

 

映画、ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント