スノーピークの『チタンシングルマグ』は、450がおすすめ。

アウトドアギア
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、猫田です。

『スノーピークチタンシングルマグ450』を愛用しています。

軽い、コンパクト、丈夫というアウトドアには最適なマグカップです。

野外に限らず、日常でも使い倒している『スノーピークチタンシングルマグ450』のレビューです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『スノーピークチタンシングルマグ』

チタンシングルマグは3サイズあります。

220、300、450です。

チタン製なので少し値は張りますが、圧倒的軽さと頑丈さという特徴があります。

220も300も使いやすいですが、僕は450をオススメします。

なぜ450か

マグカップとして使うのはもちろんですが、450というサイズは湯沸かしに最適だからです。

画像の自作アルコールストーブは、外側から炎が出るため湯沸かし効率は悪いですが、例として載せました。

簡単な野外料理の代表であるカップ麺。

日清カップヌードルの湯量は300ml。

カップヌードルビッグでも410ml。

余裕で湧かせてしまいます。

チタンは熱効率がとてもいいので、湯沸かしには本当にピッタリです。

カップ麺を食べている間に、食後のコーヒーのお湯も湧かせる。

しかも、これ1つで。

メニューを限定し、荷物を少なくしたい場合にはうってつけです。

インスタントの素を放り込んでスープを作るのもいいですね。

注意

似たモノに、ステンレス真空マグや、チタンダブルマグがありますが、こちらは二重構造になっており火にかけられません。

飲み物などを冷たいまま、温かいままキープする仕様なので、それはそれでもちろん優れモノです。

クッカー兼用にはできないので、気をつけてください。

まとめ

軽いトレッキングやフライフィッシングに行く時など、カップ麺とチタンマグだけで済ませることが多いです。

軽さとコンパクトさが非常に便利なので。

チタンマグの中にアルコールストーブと燃料がスッポリ収まるのもポイントですね。

チタンは、焼きが入ると綺麗な虹色になるので、そういった変化を楽しむこともできますよ。

以上、「スノーピークのチタンマグは、450がおすすめ。」でした。

 

 

アウトドアギア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント