ビアレッティ『モカエキスプレス』でコーヒーを淹れる。

ストーブの上のモカエキスプレス 料理、レシピ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、猫田です。

コーヒーを淹れることが楽しいコーヒーメーカー、ビアレッティ『モカエキスプレス』。使ってみて初めて分かる良さが沢山あります。「マキネッタ」や「エスプレッソメーカー」などとも呼ばれているそうです。

コーヒー豆の引き加減や、沸かす際の火加減など、ビアレッティ『モカエキスプレス』の使用に関するセオリーがあるのかもしれませんが、今回は自己流ですのでお気をつけください。

では、モカエキスプレスの4カップ用タイプで実際にコーヒーを淹れてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビアレッティ『モカエキスプレス』

モカエキスプレスの3つのパーツ

イタリア生まれのビアレッティは、コーヒーメーカーで有名。特に『モカエキスプレス』はイタリアの家庭には必ずあるほどの定番商品だそうです。1カップ用から18カップ用までサイズ展開が幅広く、見た目もおしゃれなので置いておくだけで様になります。

モカエキスプレスは3つのパーツで構成されています。一番上の水を入れる部分、コーヒーの粉を入れる漏斗状になった部分、沸いたコーヒーが上がってきて溜まる上の部分、と構造はシンプル。使い終わったあとも水洗いするだけで充分ですし、紙のフィルターが必要ないので、使い勝手も非常に良いです。

特筆する点は、尋常じゃなく美味しいコーヒーが簡単に淹れられるということ。モカエキスプレスを使用し始める前は、「フィルターがいらないなら楽でいいな」くらいにしか思っていませんでした。それはもちろんありがたいのですが、とにかく味に驚きました。喫茶店で飲むエスプレッソ並のクオリティが自宅で再現できたからです。

ドリップタイプから移行すると、「今まで飲んでいたのはコーヒー風味のお湯か?」と思うほど。特に高級な銘柄を使っているわけではありませんが、いつものコーヒーがコクと風味ゆたかになってびっくりしました。

ここまで欠点が見当たらないモカエキスプレスですが、ただ一つ残念なのが、IHに対応していないという点。充分満足できる製品なのですが、そこさえクリアしていれば完璧だったと思います。我が家はIHヒーターなので、薪ストーブやアウトドア用ガスストーブでモカエキスプレスを使用しています。

ビアレッティ『モカエキスプレス』でコーヒーを淹れる

モカエキスプレスの使い方は本当に簡単です。

僕は4カップ用モカエキスプレスを使っています。4カップ用と言ってもエスプレッソ用の小さなカップのことのようで、マグカップだと1杯分(350ml〜400ml弱くらい)ほど。購入する際に間違えないよう確認したほうが良いでしょう。4カップ用タイプ自体の大きさは、高さ20cm弱ほどでコンパクトな印象です。

水を入れたモカエキスプレス

ポチっと出ている丸いしるしの下まで水を入れます。入れすぎるとコーヒーが沸いた時に上部から吹きこぼれてしまいます。お湯でもいいと思いますが、本体が熱くなるので火傷をしないよう注意が必要です。

挽いたコーヒーを入れたモカエキスプレス

フィルター部にコーヒーを入れます。あまりきつく押し込まず、フワっと平にすりきりがちょうど良いです。コーヒー豆は細目に挽いてあります。

ビアレッティモカエキスプレス

上部パーツをしっかりしめます。スクリュータイプなので、クルクルと回してやればしまります。ゆるんでいたり正しくしまっていなかったりすると、横接続部分から沸騰したお湯が出てきてしまって危険です。

ストーブの上のモカエキスプレス

火にかけます。沸騰するとお湯がフィルター部を通り、コーヒーになって上の部分に溜まります。コーヒーが上がってくる様子を、フタを開けて見ていると楽しいです。「シューコポコポ」という音がしてコーヒーが上がりきったら完成。

カップに注がれるコーヒー

スノーピークのチタンシングルマグ450に注いでみます。画像ではコーヒーが薄く見えますが、光の加減ですね。実際はもっと濃いです。

コーヒーが入ったカップ

なんだか泥水みたいで美味しくなさそうですが、僕の写真が下手なせいです。香りも良く美味しいですよ!

ドリップタイプよりかなり濃く出るため、お湯を足してアメリカンにしたり、ミルクフォームを加えてカプチーノにしたりと、いろいろな楽しみができます。

ビアレッティ『モカエキスプレス』まとめ

3、4人分一度に淹れられるよう、9人用か12人用タイプも欲しくなっている今日この頃。毎朝コーヒーを挽いてモカエキスプレスをストーブにかけることが日課になっています。

とにかく、美味しいコーヒーが簡単にできることが嬉しいですね。コーヒーの残りカスも、フィルターを逆さに持ってゴミ箱にポンっとするだけで捨てられるので、後片付けもかなり楽です。

アウトドアで焚き火でも使いたいのですが、プラパーツや内部のゴムパッキンのことを考慮すると、やめておいたほうが良い気がします。しかし、そもそも直火がOKだしいける、のか?

焚き火での使用を試してみたらご報告いたします。

以上、「ビアレッティ『モカエキスプレス』でコーヒーを淹れる。」でした。

スノーピークの『チタンシングルマグ』は、450がおすすめ。
『スノーピークチタンシングルマグ450』を愛用しています。軽い、コンパクト、丈夫というアウトドアには最適なマグカップです。野外に限らず、日常でも使い倒している『スノーピークチタンシングルマグ450』のレビューです。
コールマン『ファイアープレイスケトル』はIHに対応しているのか?
ずっと欲しかったけど、ずっと後回しにしていたコールマンの『ファイアープレイスケトル』を買いました。IH対応か否かがまったくわからず、それが購入に至らなかった理由の一つです。できればアウトドアギアもIHで普段使いにしたいので、明記していただけるとありがたいですね。
【焚き火】ウッドストーブで米を炊く【炊飯】
Amazonで購入した『Motomo ウッドストーブ』でご飯を炊いてみました。普通の焚き火でもいいんですが、ちょっとした道具を使うのもギアマニア心が踊って楽しいです。ウッドストーブの性能はどうか、そもそも上手に炊けるのか。飯炊きレビューです。

 

料理、レシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント