なぜKindleユーザは、おすすめ活動をしたがるのか。

IT
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、猫田です。

世の中の人々は、Kindleを手に入れたとたんに

「ゼッタイ買ったほうがいいぞ!」

「便利だし、読書ライフははかどるし、世界が変わるぞ!」

などと、急にアマゾンのセールスマンになります。

「へえ〜…」

としか思わないんですが、実はぼくもKindleユーザです。

3年ほどPaperwhiteを使っています。

今回は、「なぜ、普及活動をしたくなるのか」ということについて、少し考えてみたいと思います。

Paperwhiteしか持っていないので、機種の比較等はできません。

解像度などの機能面についても、様々なウェブサイトで詳しく解説されまくっていますし、アマゾンのKindleページにわかりやすく載っているので、ここでは言及しないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kindleおすすめ活動は、のろけに近い感情

良いものを紹介したくなる気持ちは、誰にでもあると思います。

「あの店のラーメンおいしかったよ」

とか

「このバンドのアルバム最高だから、聴いてみて!」

とか、ありますよね。

 

でも、それとは少し違う気がするんです。

 

そこで、深く深く考察してみました。

 

唐突ですが、はじめて恋人ができた時のことを思い出してください。

毎日が新鮮で、いつもと同じ景色ですら、キラキラかがやいていませんでしたか?

その彼や彼女のことを、誰かに話したい。

どれだけ素敵な人なのか、どれだけ自分が幸せなのか伝えたい。

少し自慢、ちょっと優越感。

正直、のろけたい。

まわりの友人たちに、かたっぱしからのろけたい。

 

はい、思い出タイム終了。

 

これです、この気持ちに非常に近いです。

おすすめ活動にいたる心理は、ここにあるんですね。

 

上の文章を言いかえてみましょう。

 

唐突ですが、はじめてKindleを手にした時のことを思い出してください。

毎日が新鮮で、いつもと同じ読書ですら、キラキラかがやいていませんでしたか?(バックライト的な意味ではなく)

その電子書籍リーダーのことを、誰かに話したい。

どれだけ素敵なデバイスなのか、どれだけ自分の読書ライフが幸せなのか伝えたい。

少し自慢、ちょっと優越感。

正直、のろけたい。

まわりの友人たちに、かたっぱしからのろけたい。

 

まったく違和感がないですね!

おわりに

ここ数年で、いちばんいい買い物でした。

それ以前は、そもそも、紙の本で充分だし、必要ないと思っていました。

1万円以上払う価値があるのか、と。

ですが、本の収納スペースがなくなってきたこと、青空文庫や期間限定無料本、電子書籍100円セールなど、前向きに考える要素がたくさんあったのが、きっかけでした。

 

何度すすめても、いらない、と言っていた妻が、ついに先日Paperwhiteマンガモデル(32GBの大容量)を購入。

「これは、紙媒体派の人のほうが、むしろハマるね!」

と言って、小おどりしながら読書してました。

はじめての恋人のことを、思い出しているのかな…。

と、少し複雑な気分になった、夏の終わりです。

以上、なぜKindleユーザは、おすすめ活動をしたがるのか。でした。

 

あわせて読みたい↓

Amazon『Kindle Unlimited』解約方法。解約後はいつまで利用できる?

 

 

IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント