ポインセチアの仲間?謎の草花の正体。

暮らし
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、猫田です。

家族が、知人宅の庭から、ナゾノクサ(上の画像)をいただいて来ました。

少し変わった雰囲気の植物、名前がわかりません。

その知人の方も、「どこからか種が飛んで来たらしく、気づいたらたくさん生えていた。名前は知らない」と、おっしゃっていたそうです。

わからないモノは、すぐ調べたい性格なので、さっそく正体を突き止めたいと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その名は、ショウジョウソウ

結論から申しますと、ショウジョウソウ(猩猩草)だということがわかりました。

サマーポインセチアなどとも呼ばれている、外来種です。

言われてみれば、葉の赤い部分などから、ポインセチの仲間なのかな、と思えなくもないような。

近縁種だそうです。

 

当初、図鑑をめくってみても、全然見つけられず…。

ぼくの調べ方が下手なのだと思いますが。

花のサイズや、大きさ、葉の形、葉脈の走り方など、細かく検索してみましたが、該当なし。

最終的に、「葉 一部 赤い」で、ググったら一番目に出てきました。

インターネットって便利だなあ。

まとめ

ガーデニング業界では有名な種類なんですかね?

ひとまず、鉢植えにしてから庭に移植するつもりです。

あまりにも繁殖しすぎると困るので、そのあたりもリサーチしておかないと、いけませんね。

以前、わかってはいましたが、ミントを庭に植えたら、とんでもない勢いで増えて、ミント屋敷になってしまい、間引くのが大変でしたので…。

 

ショウジョウソウって、ちょっと言いづらいですよね。

それではっ。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント