『PS4 Remote Play』がiOSに対応。

ゲーム
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、猫田です。

2019年3月7日、PlayStation4システムソフトウェアバージョン6.50が配信されました。

このアップデートの目玉は、『PS4 Remote Play』がiOSにも対応したこと。

これまで『PS4 Remote Play』は、PC、Mac、Xperia端末でのみ可能でしたが、ついにiPhone、iPadにもやってきました!

導入方法など詳しくは以下からどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOS端末で『PS4 Remote Play』をするために

必要なモノ

PS4本体

iOSバージョン12.1以降がインストールされた端末(iPhone7、iPad第6世代、iPad Pro第二世代、以降推奨)。

PlayStation Networkアカウント。

Wi-fi環境。

手順

・PS4本体をバージョン6.50にアップデートしましょう。

バージョン6.50以降でないとPS4 Remote Playはできません。

・PS4本体設定の、「リモートプレイを有効にする」にチェックを入れます。

・iOS端末は、バージョン12.1以降にアップデート。

・App Storeから、iOS端末に『PS4 Remote Play』アプリをダウンロード。

App StoreからPS4 Remote Playをダウンロード

iOS版『PS4 Remote Play』の感想

【良かったところ】

ラグやカクツキなどが予想よりひどくない(環境にもよると思います)。

iOS端末でリモートプレイができること(これまで携帯端末ではXperiaでしかできなかったため)。

 

【残念だったところ】

コントローラー(DUAL SHOCK 4)に対応していない。

ディスプレイ上の仮想コントローラーのみでの操作に、慣れるまで時間がかかりそう。

iOS端末への対応が遅すぎた(2年早くきてほしかった)。

まとめ

我が家ではPS4は、動画配信サービス専用マシーンと化していました。

ニンテンドースイッチ以降、「寝る前にベッドでゴロゴロしながらスタイル」に慣れすぎていたのが主な理由です。

今回のiOS対応で、PS4の出番も増えていきそうな気がします(ゴロゴロスタイルができるから)。

今後のアップデートで、コントローラーにも対応していただけたら、僕としてはもう完璧なので、どうかお願いします。

以上、「『PS4 Remote Play』がiOSに対応。」でした。

PlayStation Network(PSN)のオンラインID変更が可能に。
2019年4月11日より、ついにPlayStation Network(PSN)のオンラインID変更が可能になりました。恥ずかしいIDにしてしまって悶々としていた方は、この機能で変更することができますよ!

家でも外でも快適インターネット BroadWiMAX

 

 

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント