コメダのエビカツパンがおいしい!

暮らし
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、(喫茶店評論家の)猫田です。

とにかく、でかくて量が多いことで評判の、コメダ珈琲店

ぼくの第2のオフィスです。

仕事部屋にエアコンがないので、夏の午後はコメダで仕事しています。

コメダは冷房の効きもすごい、ちょっと寒くなるレベル。

そんな、コメダさんの(ぼくの)イチオシメニュー、エビカツパン!

これをご紹介させてください。

シロノワールだけじゃないぞ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エビカツパン、でかい!

ほんとでかいです。

写真がなくて、すみませんが、エビカツはみ出てます。

体感的には、B5ノートサイズはありますね(少し大げさかもしれない)。

初めて遭遇した時の感想は

「こんなの、食べきれないだろ…」

でした。

目の前のB5ノート(少し大げさ)の、圧倒的ボリュームに、ほとんどの人は、そう思うに違いありません。

エビカツのみならず、古代ギリシャ彫刻を彷彿とさせる、ふくよかなパン、たっぷりとはさみ込まれた千切りキャベツ、したたり落ちるサウザンソース。

そのリッチなたたずまいは、まるで、ゴーギャンが描いた、タヒチの女性のように、生命力に輝いています。

結論としては、やはりでかい。

通常、3等分にカットされていますが、2人でシェアする際など、4等分にもしてもらえます。

 

お、おいしい…!

しかし、大事なのは味。

大きければ良しとされていたのは、一昔前のアメリカの話し。

そのアメリカだって、ミニマライズやコンパクト化が流行っているのです。

狭小住宅に住み、通勤の満員電車で気をつかい小さくなりながら生きてきた、わたしたち日本人が、大きさごときにたぶらかされる訳などないでしょう。

 

「うまい…」

 

非常にありきたりな展開ですが、とてもおいしいです。

エビカツがアツアツのサクサクで、一口ごとに幸せな気持ちになります。

満足感すごいです。

何度も言いますが、やはり大きいのでシェアして食べたほうがいいかなあ、と思います。

3分の2くらいは、ペロリといけますけどね。

確か、食べきれなかった分は、包んでくれて、テイクアウトできるはずです。

まとめ

エビカツパン、一度食べると、ふとした時に、また食べたくなる中毒性があります。

個人的には、ハーフサイズも展開していただけたら、ありがたいですが、大きさも魅力の一つですね。

ボリュームがあって、味も良し、ありがとうコメダさん。

ちなみに、いつもアイスコーヒーは、ガムシロ抜きを注文しています。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント