フジロック2018に出演する、グリーンスカイ・ブルーグラスというカッコイイおっさん達。

音楽
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、猫田です。

今日は2018年7月26日。

つまりですね、明日から3日間にわたって、フジロック2018が開催されるのですよ。

すでに苗場に向かっている方々もいらっしゃるでしょう。

もう、新幹線の中で一杯やってますか?
みんなで歌いながら、高速乗ってますか?

 

いいなあ、うらやましいなあ!

 

と、いうわけで、今回出演予定のバンドで、とても気になるおっさん達がいるので、ご紹介します。

まだまだ間に合うので、要チェックです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GREENSKY BLUEGRASS [グリーンスカイ・ブルーグラス]

公式サイト(英語)によると、2000年にミシガン州で結成された、ブルーグラスバンドだそうです。

ブルーグラスとは、アパラチア山脈南部に移住した、スコットランド、アイルランド系の人たちの民謡から発展した音楽。

ギター、マンドリン、フィドル(ヴァイオリン)、ウッドベースなどが使用されます。
「カントリーミュージック」といって、パッっと思い浮かぶのはこの雰囲気でしょう。

ですが、グリーンスカイ・ブルーグラスは、ちょっと違います。
ステージ毎に即興で演奏する、ジャムバンドの要素があるのです。

ジャムグラスというジャンルで呼ばれているそうですが、正直なところ、まったく知りませんでした。

 

Greensky Bluegrass – Miss September – 1/30/2017 – Paste Studios, New York, NY

 

ブルーグラスというと、どこか野暮ったさがありますが、グリーンスカイ・ブルーグラスは、おしゃれな感じすらありますよ。

見た目は完全に、アメリカの田舎のおっさんですけど。

 

Greensky Bluegrass • Living Over :: Official Video

 

めちゃくちゃカッコイイです。

マンドリンを弾きながら歌っている方(ポール・ホフマンという方だと思われる)は、シルエットが、フーファイターズのデイヴ・グロールにそっくり。

日本で紹介されることが少ない、こういった音楽を観られるのも、フジロックのよさですよね。

 

いいなあ、うらやましいなあ!

 

このカッコイイおっさん達、グリーンスカイ・ブルーグラスは、
最終日の7月29日、20:40よりフィールド・オブ・ヘヴンに登場します。

ボブ・ディランを観たあと、フィールド・オブ・ヘヴンにダッシュ!

以上、フジロック2018に出演する、グリーンスカイ・ブルーグラスというカッコイイおっさん達、でした。

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント