フライフィッシングとは瞑想。初心者フライマンの心がまえ。

フライフィッシング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、猫田です。

 

全く釣れない。

反応がない。

魚の影すら見えない。

なぜ、なぜなの…。

 

朝一で、とっておきの川にやってきて1時間。

こんなことが多々あります。

その原因を、初心者なりに探ってみました。

技術的なお話は、ほぼないです。

少しスピリチュアル要素あります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雑念は捨てなくてよい

魚は必ず出ます。

よほどの状況ではないかぎり、そこそこ以上の実績がある川なら、100%に近い確率で釣れます。

しかし、釣れないと、どうしても焦りが出てくるもの。

そんな時のぼくは、以下のような心境です。

 

川岸に立ち、ロッドを振り始める。

早く最初の1匹を手にしたい。

釣りたい、釣りたい。

いつも序盤は、そんな気持ちばかりが、頭を駆けめぐる。

まるで、邪念の塊。

大自然の中に、ポツンと存在する異物。

まず、その日の1匹目の顔を見ないと、安心できない。

「これは、いかん。雑念を捨てねば!」

 

こんな感じですから、無駄にバシャバシャ川の中を歩いてしまったり、うしろの木にフライを引っかけてしまったりと、ますます調子を狂わせてしまうんですね。

けれど、これは自分と自然の波長を合わせるための、「調整の時間」だと思っています。

湧き出てくる雑念は、そのまま放ったらかしでいいのです。

出尽くすと、ほとんどなにも考えていないような状態になります。

自然のリズムに同調したのでしょうね。

なぜか釣れるスイッチがはいる

こうなると、不思議と魚が釣れはじめることがあります。

なんとなく、魚がどこにいるのかわかるようになり、「あそこから流せば、あの辺りで釣れそう」と、イメージできるんです。

もちろん、それまでの経験や知識も少しはありますが。

ですが、「調整の時間」を経て、自然に対する、自分の異物感が薄れたことも関係しているように感じています。

ただ目の前にある物や、今という時間だけに意識が向かうのは、瞑想やマインドフルネスと呼ばれる状態に近いのではないか、と。

正確には、瞑想とは違うのかもしれません。

ただ、心が穏やかになり、川の音や、風が肌に当たる感触など、今までよりはっきりと、そこに感じることができます。

異物だった自分が、ちょっとだけ、自然に溶け込めたのかもしれないですね。

おわりに

タイトルに、心がまえなどと、大げさな言葉を入れたわりに、抽象的な内容だったな、と反省しています。

フライマンに限らず、釣り人には、今回のテーマのような気持ちになることが、必ずあるはずです。

自然を尊重し、その中で遊ばせてもらえる感謝の心、それを忘れずに楽しむことが、大切だと思います。

ちなみに、キャッチ・アンド・リリースは、資源を守るための大事な行為ですが、たまには魚をキープして食べましょう。

釣った命を美味しくいただくのも、川や魚への礼儀のひとつだと思っています。

 

>>あわせて読みたい

夏はイワナ釣りの季節。フライフィッシングのすすめ。

コメント