個人事業主、フリーランスのための確定申告カンタンまとめ。

仕事
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、猫田です。

確定申告と聞くと、「なんだか、とにかく難しそう」というイメージがあります。

とくに開業初年度は、チンプンカンプンで、なにをすればいいのかイマイチわかりませんでした。

ですが、おおまかな全体像を理解し、日々すこしずつでも準備していれば、確定申告シーズンに困ることもないと思います。

今回は、個人事業主、フリーランス、副業をはじめた方、これからはじめる方向けに、僕の経験をふまえたざっくり解説です。

かなりざっくりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、確定申告ってなに

1年間の収入、支出、所得を申告すること。

それによって、払う税金が決まります。

個人事業主の方は、自分で書類を作成し、税務署に提出しなくてはいけません。

専業に限らず、副業であっても一定以上の収入(21万円以上)がある場合、確定申告の義務があります。

毎年、1月頃に税務署からお知らせ(書類なども)が届き、2月中旬から3月中旬までに申告します。

確定申告の種類

確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。

白色申告

専業でも副業でも、事前に申請していなければ、白色申告になります。

わりとカンタンですが、後述する青色申告と違い、特典がありません。

青色申告

「大盛り、味玉付きで!」

みたいな感じで、いきなり青色申告をすることはできません。

事前に『青色申告承認申請書』を税務署に提出する必要があります。

最高65万円の青色申告特別控除や、赤字の翌年度繰越などの特典がありますが、そのぶん白色申告より面倒で、簿記の知識がないと難しく感じます。

(正直、僕は難しくて泣きました)

確定申告しなくていい人

納める税金額を決めるのですから、収入がなかったり、赤字だったりした場合は、確定申告の義務はありません。

具体的には、専業で38万円以下、副業で20万円以下は申告義務なし。

国も、お金のない人からむしり取ることはしません。

ただ、青色申告には、赤字の繰越という特典があるので、申告したほうがいいです。

というか、節税の意味でもするべきです。

以上のことから、開業するなら、青色申告一択になります。

青色申告に必要なもの

青色申告承認申請書

前述のように、青色申告をするには、『青色申告承認申請書』の事前提出をしなければいけません。

個人事業の開業・廃業等届出書

『個人事業の開業・廃業等届出書』の提出も必須になります。

これは、「これから開業しますね」と、税務署にお知らせする書類です。

屋号も登録でき、銀行口座やクレジットカードを屋号で作ることもできます。

『個人事業の開業・廃業等届出書』未提出だと、『青色申告承認申請書』は受理されません。

事前に、『個人事業の開業・廃業等届出書』のみ提出し、その後、『青色申告承認申請書』を提出してもいいですし、同時に提出してもかまいません。

 

この2つの書類は、国税庁のウェブサイトからダウンロードすることができます。

青色申告承認申請書

個人事業の開業・廃業等届出書

 

僕は、開業freeeという無料ウェブサービスで、『個人事業の開業・廃業等届出書』と『青色申告承認申請書』を提出しました。

質問に答えるだけで、カンタンに書類が出来上がり、あとはプリントアウトして税務署に郵送するのみ、というお手軽さです。

開業freee公式ウェブサイト

 

有料ですが、会計から確定申告までフォローしている、会計ソフトfreeeというサービスも、同じ会社から提供されています。

僕は、今年(2019年)導入したばかりなので、まだなんとも言えませんが、いずれ使用感などご紹介するかもしれません。

会計ソフトfreee公式ウェブサイト

まとめ

働き方改革により、政府は副業・兼業を推進しています(実際は、5割以上の企業が副業・兼業を禁止していますが…)。

本当の意味で、自由な働き方が広まって行けば、「会社員だから確定申告なんて関係ないや」ということもなくなっていきそうですね。

様々な選択肢があり、リスクを分散させて働けるのが理想ですが、まだまだ難しいかなと思います。

今回は、開業したばかりの方、これから開業する方向けの、確定申告ざっくり解説でした。

本当にざっくりで申し訳ないです。

以上、「個人事業主、フリーランスのための確定申告カンタンまとめ。」でした。

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nekodaをフォローする
Indoor以上Outdoor未満

コメント